引出物

 レストランウェディングでの引出物には、幅広いチョイスがあります。なぜなら館内にショップのあるホテルとは違って自社で引出物を取り扱うのは難しいため、引出物の持ち込みが不可の会場は無く、自分たちが希望すれば好きなところから、好きな商品を調達できるからです。

 ほとんどの会場で引出物を扱う業者と提携しているので、外注する場合は保管料という形で持込み料を請求される場合があるので確認が必要ですが、逆に引出物を外注で自分たちで手配する方が喜ばれることもあります。
地元のお酒や有名なお菓子を選ぶとご友人に喜ばれるかもしれませんね。また、インターネットで購入できる名前入りの引出物などはご親戚の方々などに喜ばれるかもしれません。これを!と決めた品物がある場合はぜひ相談しましょう。

大阪の婚約指輪・結婚指輪はシライシ
大阪で婚約指輪・結婚指輪をお探しならシライシへ行ってみよう。お店を訪れた時よりも更に幸せを感じて頂けるよう、コンシェルジュが豊富な知識と経験を生かして丁寧にご案内致します。どんな些細なことも遠慮なくご相談下さい。

 注意点としては、引出物や引き菓子を持ち込む(他で購入し、配送してもらう)時には、必ず購入した会社(発送元)と披露宴会場(受取先)の担当者に伝えることが必要です。会場側も万が一、預かっている間に破損させてしまう可能性もなきにしもあらずなので、そのようなリスクを考えると、正直長く保管しておくのはイヤなはずです。披露宴当日の何日前から保管してもらえるか、確認しましょう。

 引出物を会場側の提携先に依頼した場合は、確認から袋詰めまですべてやってくれますが、外注の場合は本人たちが確認しなければならず、その為だけにレストランに足を運ばなければならない可能性があります。
品物を注文した本人たちのいないところで下手に触ってしまうと万が一破損していた場合や個数が違っていたなどトラブルの元となるためで仕方がありませんが、手間と当日直前の忙しさを考えると、実は会場側に全てお任せしたいところです。
自分たちが確認から袋詰めなど全て「お任せしたい」という意思があれば、引出物のリストを作成し、予備があるようであればその個数も伝えましょう。

 せっかく美味しいお料理を提供するレストランでの結婚式なので、お勧めしたいのは、そのレストランで販売している焼き菓子などを引き菓子にチョイスすることです。有名シェフ&有名パティシエのいるレストランなら2人のためのオリジナルレシピで作ってもらうなど、交渉次第で思い出に残る品物をお客様に贈ることが出来るかもしれません。